立ち上がるブログ

おおよそどうでもいいことが多いです

コンサドーレがJ2優勝&J1昇格を果たしたことについて

コンサドーレの選手の皆さん、スタッフの皆さん、サポーターの皆さん、今日はコンサドーレに関わる全ての方々の願いが叶ったJ2優勝&J1昇格の日でした。

 

こういうことは熱気が覚めぬうちにと半分酔っ払ったままの投稿で。

 

今節は札幌にとっては昇格と優勝と、金沢にとっては残留がかかった試合でした。

試合終盤は、札幌は引き分け以上でJ2優勝とJ1昇格が、金沢は勝ち点1があれば自動降格から免れるという状況で、お互いセーフティーなサッカーをしました(具体的にはコンサドーレが後ろで細かいパス回しをして金沢も特に奪いにも来なかった)

 

コンサドーレにとってはJ1昇格をいい形で迎えるために勝利が何よりでした。

 

お互いの利害が一致したのか、それとも何かあったのか、作戦なのかはわかりませんが、今日のコンサドーレの締め方は良い意味で今季のコンサドーレを象徴してるな、と個人的に思います。

 

コンサドーレを指揮する監督の立場として、至上命題は「昇格」

3万人集まった試合でセーフティーな締め方をすることはとても勇気がいる判断だったと思います。

(だって今日来た「お客さん」のサポーターにとってはつまらないし、最後まで声を張り上げて得点を祈ったサポーターにとってはなんかやるせないし)

 

でも、ほんとに今のコンサドーレにとって一番の目標であり絶対に達成しなければならないことは「昇格」。そして優勝。

 

かなり監督としても悩みどころだったんじゃないかなと思いつつ、あそこで冷静な判断で「何が今一番大事なことか」を考えて、一番セーフティーな指揮を執った四方田監督は、改めて凄い監督だな…と。思いました。

 

結果的にセーフティーに昇格を決めることができて、優勝も決められて。

 

サポーターの中には、2016年シーズンが、こんな形で終わっていいのか、優勝はこんな形でいいのか、気持ちの整理がつかない方もいたと思います。

 

でも、僕は今日の試合をポジティブに捉えて、「プロとして最善の判断で試合を締めることができた」と評価します。

 

このシーズン、辛いこときも色々あったけど、なんとか乗り越えてきた。

 

J1で戦うために何が必要なのか、色々あると思います。

 

今日の試合を見て、「結果」のために「一番良い方法を勇気を持って選択」して、「良い結果をきちんと得る」一連の流れを今シーズン、コンサドーレはうまくできたのではないかなぁと。思いました。

 

その集大成。

 

J1で美しいサッカーもバルササッカーも難しいと思うけど、どんなに泥臭くてもどんなにヒールになろうと、「結果」が一番。

 

僕は来シーズンのコンサドーレに、ひとつ希望が見えたな、とそんな風に思いました。

 

コンササポはヒールに慣れてるのでどんだけ叩かれてもネタにして楽しんでいくのでJ1でもよろしくお願いしたいところです。

 

f:id:ikurapoa:20161121023554j:image

 

優勝&昇格おめでとう!